【Linux】vagrant導入

一応、自分の仕事的にLinuxを扱うことが多く、何かのソフトウェアを検証するためにLinuxを入れたり削除したり。。。というのが多いです。

 

ただ、そのたびにメディア(ISOファイルやら)を用意してディスクパーティションを切って、最低限のパッケージを入れて・・・という一連の流れがめんどくさくなってきたのでvagrantを使うことにしました。

 

ざっくりですが、自分がvagrantを入れた痕跡を残します。

用意する物 

  •  Linuxサーバー
  •  インターネット回線を持ってるサーバーが一番楽
  •  折れない心 

構築環境

  • CentOS6.7(2.6.32-573.7.1.el6.i686)

パッケージ一覧

[root@test-base vagrant_centos66_book]# rpm -qa | grep dkms

dkms-2.2.0.3-30.git.7c3e7c5.el6.noarch

 

[root@test-base vagrant_centos66_book]# rpm -qa | grep -i virtualbox

VirtualBox-5.0-5.0.8_103449_el6-1.i686

インストール作業

まんま参考資料で書かれてる手順をなぞりました。

この手順どおりでやれば、vagrantのインストールは終わります。

インストール後にやったこと

 今回のこのようなツールに頼る理由になった要因はRedmineをインストールできる環境を擬似的に作るためでした。

なので、以下のようなファイル内容になってます。

 

[root@test-base vagrant_centos66_book]# cat Vagrantfile

Vagrant.configure(2) do |config|

config.vm.box = "centos6.6"

 

#first_vm

#config.vm.provider "centos_test1" do |cotest1|

config.vm.define "centos1" do |cent1|

cent1.vm.hostname = "centos-test-1"

cent1.vm.network :"forwarded_port", id: "ssh" , guest: 22, host:2222

cent1.vm.network :"forwarded_port", guest: 80, host:18080

cent1.vm.network :"forwarded_port", guest: 88, host:18081

cent1.vm.network :"private_network", ip: "192.168.3.100"

 

cent1.vm.provision "shell", path: "deploy_scripts"

 

cent1.vm.provider "virtualbox" do |v1|

v1.customize ["modifyvm", :id, "--memory",1024]

 

end

end

 

#second_vm

config.vm.define "centos2" do |cent2|

cent2.vm.hostname = "centos-test-2"

cent2.vm.network :forwarded_port, id: "ssh" , guest: 22, host:2223

cent2.vm.network :"forwarded_port", guest: 80, host:28080

cent2.vm.network :"private_network", ip: "192.168.3.101"

 

cent2.vm.provision "shell", path: "deploy_scripts"

 

cent2.vm.provider "virtualbox" do |v2|

v2.customize ["modifyvm", :id, "--memory",256]

end

end

end

参考資料

参照させてもらったのは以下の記事です。

大変参考になりました。

 

CentOS 上で Vagrant を導入するまでのメモ(CUI)